第2回(2021年)日本物理学会 米沢富美子記念賞 授賞候補者の推薦について

日本物理学会では、米沢富美子氏の業績を記念し、女性会員の物理分野における活動を讃え、奨励するため、日本物理学会米沢富美子記念賞(以下、米沢賞)を2019年に設立しました。 詳細は下記資料および https://www.jps.or.jp/activities/awards/yonezawa.php にあります募集要項をご参照ください。

米沢賞の授賞候補者につきましては、日本物理学会各領域からの推薦枠が設けられており、領域1からは 3 名までの推薦が可能です。つきましては、本領域からも授賞候補者の推薦を下記の要領で募ります。

ご応募のほど、よろしくお願いいたします。

なお、締切日までに 3 名を超えた推薦があった場合には、領域1各賞審査委員会にて選考の上、上位 3 名までを選抜して推薦することになっています。ご了承ください。



 
候補者推薦枠    日本物理学会領域代表 各領域の若手奨励賞の上限数 (領域1は 3 名)
 
提出書類 応募申請書 (指定様式)
推薦書・業績リスト (指定様式)
業績リスト内にある主要論文 (総数 5 編以内の pdf 形式)
 
提出方法 電子メールで提出
電子メールのタイトル:「米沢賞応募書類の提出」
 
提出先 領域1代表 斉藤学(京都大学工学研究科) 宛
E-mail:saito@nucleng.kyoto-u.ac.jp
 
提出締切日 2020年10月5日(月) 必着
 
添付資料 (1) 日本物理学会米沢富美子記念賞規定
(2) 応募申請書・推薦書・業績リスト記入要領
 
以上